Ks Company公式ブログ  週刊 「K・タカハシ」情報局

取材 (水, 21 2月 2018)
と言っても   別に記者になったわけではない。   今週金曜日に開演する「ごぜ唄が聞こえる2018」関連の取材だ。   オーナーの思いつきは突然に来る。   で、的外れならほっとくのだが   ブローダーハウスのオーナーはその辺のオーナーと訳が違う。   的確なのだ。       で、日曜日に急遽その連絡が来た。   画像加工は、ボクの専門外の仕事である。   でも、出来ちゃうんだなあ、これが。   メールで送られてきた画像をちょちょいのちょいと編集してみた。   言われるがままに編集したので   かなり荒いけど・・・・・・。     で、問題は   元画像の著作の件だ。   拾い物と言って使ったら行けない。     なので、その画像を撮りに行くことにした。   今回の話は高野山がメインの場所なのである。   でも、さすがに高野山に日帰りで行くのはちょっとね・・・・・・。   と思っていたら   あれま、長野県長野市じゃないですか!   お~そうと知っていたら   Ks Companyの慰安旅行の時に撮影に行けたのに・・・・・・。   ま、後の祭りですが。   長野あたりなら   日帰り十分に可能じゃないですか!   距離にして往復500キロくらい。   何の問題があります?     ということで   昨日火曜日に3女を連れて   朝早くからスタート!   お昼には着きたい。   この辺から最近のボケは始まっていたのかもしれない。   まず、雪国長野県である。   それ相応の準備しないといけないのに   「あっ、チェーン忘れた・・・・・・」   但し、それだけなら只の抜作である。   前日にライブカメラで長野市の周りを見ておいた。   思っていたより雪がない。   とはいえ、この極寒の2月にチェーン不携帯はいけません。     でも、出発しちゃったしね。   それに天気は快晴!雪の心配もない。   まあ、いいか。     案の定、雪の心配は皆無の状態でした。   駐車場を探して   車を止めて、徒歩で目的地へと向かう。   この話で有名なお寺であります   かるかや山西光寺。   こんなのもありました。   表側は、善光寺参道に面してますが   行き過ぎちゃうほど普通の商店街のような場所です。   あとで知ったのですが   この右手に重要なお墓がありました。   上の写真もこの写真も撮影は3女です。   こちらが本堂ですな。これも3女撮影。   ボクはと言うと   この像の写真撮影に必死になっておりました。   よく見ると、3女の方が上手く撮ってる・・・・・・。     まず、入り口から動画で撮影しておりました。   そしてこの像を見ながら   周りを1周。   そこからスマホで撮りまくり。     良いアングルじゃね~か。やるな・・・・・・3女。     オーナーからボツと言われたアングル。   ボクは気に入ってたんだけどなあ。   実は、この像の写真が同じようなわけがわかりました。   看板と木が邪魔なんですよ。   このアングルも、木をすり抜けて撮影したものです。     右手の看板と像裏手の梅の木が撮影の邪魔してました。   親子の間の雪も邪魔なんでどかそうかと思いましたが   怒られると嫌なのでそのままにしました。   右手の建物も邪魔なんですが   寺務所なんですよ、この建物。   何かの催し物の際にも使われるのかもしれませんね。   正面のお堂は太子堂。   で、二人とも素通りしたのこの写真の右手・・・   実は3つのお墓でした。   苅萱塚と呼ばれるもので   苅萱上人、石童丸、千里御前の3人のお墓。   屋根の下にあるのが苅萱上人のお墓。   手前が石童丸のお墓。   奥が千里御前のお墓です。   千里御前のお墓は高野山下にありますが   この地に分骨されているそうです。     そんな重要なものとはしらず   素通りした親子・・・・・・。   ボクはそうですけど   几帳面な3女すら素通りさせるとは・・・・・・。     まあ、目的は先程の像の撮影だったので致し方ありませんが。       ここ西光寺では   300円で絵解き話を聞かせてくれます。   お客さんは一人でもいいそうです。   簡単に言えば、大きい絵を使った紙芝居みたいなものです。   時間の都合上、それはパスしましたが   今度聞いてみたいものです。     さて、ここまでしたのも   金曜から始まります   「ごぜ唄が聞こえる2018」のためであります。   今年の祭文松坂は「石童丸」。   実は、ボクはこの石堂丸が最初のごぜ唄でした。   語るのは、小林ハルさん。   東北、しかも会津出身の母を持つ身としては   ハルさんの唄はばあちゃんの歌を聞いているようで   なんだかとても懐かしさを感じます。   新潟と福島では方言も違いますが   喋り方は東北どこ行ってもおなじ。   今回の萱森さんは、とてもきれいな言葉で歌ってくれます。   祭文松坂と言うのは一つのお話。   コレがそれぞれの作品ごとに段で分かれています。   長いものになると10段とかにもなるそうです。   1段がだいたい20分くらいでしょうか。   だから10段なんて200分かかりますよ。   でも、1段ごとに長さも違いますから   それはそれは長い時間かかるものですよね。   昔は、1年で1段とか言うこともあったそうで   「また来年、次の段やっから」   なんてこともあったそうです。     その祭文松坂だけでなく   色々な曲もやってくださります。     中にはウィットに飛んだ曲もあったり。     越後ごぜ唄を東京で聞く機会は   そうあるものではありません。   ブローダーハウスでは、毎年恒例の行事として   2月最終金・土に上演致しております。   是非とも一度お聴きにいらしてみてはいかがでしょうか。   初めての方でも分かりやすいように説明してくれます。   さすが元教師!     という訳で、僕達スタッフは全員でバックアップするわけです。   今日から仕込みが始まります。     今年はどんな会になることやら。   今から楽しみです。     でも、本番までにやらなきゃいけないことがいっぱいありそうな気がする・・・・・・。         皆様のご来場を心よりお待ち申し上げます。    
>> 続きを読む

バレエ「コッペリア」の鐘 (日, 18 2月 2018)
4月に使用する鐘を作ってました。   以前にも作りましたが・・・・・・   日本の吊り鐘のような大きさだったので   今回は車にも入るサイズのものを   作りましたよ。   さて、前回は全てスタイロフォームで作りましたが   これだと予算がかかりすぎる。   で、ホームセンターにて物色した所   以前にも目をつけていたローズポッドの大サイズで行けそう。   それとポリプロピレン板(0.7mm)を合わせることにしました。   上手くやれば、リベッターで留るんじゃね。   でも、そう簡単には行かない。   プラにプラですからリベットは打ち抜けます。   仕方がないので   M5の10mmボルトをナットでくっつけることに。   さてここで問題がまたもや発生!   円錐にスカートのごとくポリプロピレン板を付けるためには   その形にカットせねば・・・・・・。   これが何度やってもうまくいかない。   仕方がないので、短めに切ったポリプロピレン板を貼り付けていくことに。   こんな感じで下地にしました。   ただこれだとあまりに薄いので   裏側にも貼り付けしました。   こんな感じです。   この中にスタイロを切って埋めていけばいい。   写真では、上の部分も付いていますけど   その部分もスタイロです。   これは以前使って残っていたもので間に合いましたが   いかんせん薄い。   なので、この上にスタイロを貼り合わせていきます。   ボクはずっと木工ボンドで付けていたのですが   これが乾かないんですよ。   ヒートガンで温めても近づきすぎると溶けるし・・・・・・。   もう一つの問題は   ポリプロピレンとプラに木工ボンドはくっつくのか?   まあ、無理だわなあということで   全体を布ガムで覆いました。   表面は一応、布ですから。   裏表ともに布ガムで覆ってから   最初のガーゼ張り。   終わったら、パテ埋め作業に。   パテを使えばなんてこと無いんですけど   値段的に高いので   下地だけ、フローリング補修で使われるコーキング剤を使用。   これが裏目に出ますが   まあ、その上からパテで固めちゃうからいいか。   こんな感じで、段差を埋めました。   あまりにも大きい部分は薄く切ったスタイロで埋めます。   ここの接着はポリプロピレンも接着できるGPクリアを使用。   最初からこれで接着すればよかったのにね。   ここまでは、問題をクリアしつつなんとか前進してきましたが   パテ塗りした途端・・・・・・前端部分がずれた・・・・・・   もうこうなるとせっかく出していた頂点も何の役にも立たない。   いつものごとく、見て測って見て測ってをやりながらパテ塗り。   パテは乾くのが早いので   乗せてすぐに伸ばさないと伸び切りません。   だから・・・・・・この時点でセンターがずれたんだろうなあ・・・・・・。   画像は、あっていそうな感じですけど・・・・・・   その後、サンダーで大まかに削り   細かい部分は紙やすりなどを使用して形をつくります。     下のスタイロは   鐘の形に見えないのでもう一つ角度をつけたいので   厚くしました。   スタイロって高くなりましたよね。   これは2mmのスタイロですが、1800✖90サイズでやく1000円でした。   2枚重ねて4mm厚にしたので、まあいいか。     それの形も整えて行きます。   切り過ぎたら、このようにもう一度貼り合わせ接着して切り出せばオッケー!   で、2回目のガーゼ貼り。ガーゼは形をそのままにしておくためと塗装のためかな。   木工ボンドを水で薄めて刷毛で塗ったくります。   所々、浮いているのはボルトのせいです。   まあ、色塗りゃほとんど分かりません。   乾燥させてから、下地塗りをします。   あまり金ピカにならないように、黒で薄く塗りました。   これが乾いたら、本塗り1回目。   こんな感じになります。   浮いていたりしますけど・・・・・・見なかったことにしましょう。   2度目の本塗り後。   ここまで来ると、通りすがりの人たちも何を作っているのか分かるみたいです。   まあ、最初がUFOみたいですからね。   別角度。   写真だと良い感じなんですね。   最後に振り子っていうのかな。鐘を鳴らしてくれる錘の付いた棒を作ります。   塗装後だからモノが分かりませんね。   塩ビパイプとペット用の丸い布ボールです。   布ボールに余っていた黒の髪留め用のゴムを縫い付けて   上からテンションかけて外に止めました。   これを中に止めるんですが、それはバインド線さえあれば大丈夫!   塩ビもたまたま穴空いてましたので助かりました。       で、合体!     これを見て、ハイキングの年配女性方は歌を歌ってました。   ボクも知らない昔の歌でしょうか・・・・・・。   ただここまでやって・・・・・・やはり気になる。   センターがずれているんですよ、やっぱり・・・・・・。   写真は、直した後のものですから気になりませんけどね。   上からの写真。   ずれているのがお分かりになるでしょう。   で、これを直しました。   直した後、上から写真を撮っていないので何ともですけど。   今度撮っておこう。     ほぼダンサーのみなさんはこの写真のように下から見るんだろうなあ。   真下から撮っとけばよかった。     チェーンも15尺で切っておいたので   これでいつでも劇場に持っていけます。     しばらくは車の中に置いておく感じでしょうけど。     来月は飾りのリボンを探しに行かなくちゃ。     毎回、遠く離れて確認してますけど   劇場の舞台に飾ると違って見えるかもしれないので   最初はドキドキモノです。      
>> 続きを読む

誕生日 (木, 08 2月 2018)
この日が過ぎると   毎年恒例の確定申告へと向かいます。       何はともあれ   51歳になれました。   今年は前途多難な年ですけど   頑張りたいと思います。     皆様、よろしゅうお願い申し上げます。    
>> 続きを読む

弱点をさらせ!!! (木, 01 2月 2018)
  これの稽古に入っております。   昨日は2回目の読み合わせ。   1回目は、台本チェックと雰囲気を味わってもらいましたが   2回目は、稽古まで時間がありましたから   どう演じてみたいかをチェックしました。     その際、必ずと行って良いのが   自分なりに読んでますから   自ずと弱点を晒すんですよ。     コレが狙いでもあります。     そして、基本的なチェックも。   声をいかにして出しているのか。   まだ台本の文字を追いかけますから   音量の調整など普段と変わらなかったりします。     最近「音を前に出せ!」と口やかましく言ってますから   それが出来ているのかもチェックですね。     今回のキャスティングは   一応、オーディションで決めましたが   やはり落ち着く所に落ち着くんだなあ、やっぱり。   段々と役の性格とか   そういう部分に入っていくと   なるほどね、ってなります。     ここのミスは避けないと   最終形が見えてこないですから。     まあ、今の段階では   弱点を晒けまくってます(笑)   でも、方向性は間違っていない。     前回の稽古が少しは役にたっているんでしょうね。     これからが楽しみです。     金曜日には、どう修正してくるか。   その先も見据えて   準備したいと思います。    
>> 続きを読む

プリント (金, 26 1月 2018)
Ks Companyの台本は   全て事務所のプリンター。   プリントアウトまで終わって   出来上がった!   になる・・・・・・   のだが・・・・・・・       毎度、この時点で   何かが起こる。       インク切れ・・・・・よくある。   用紙切れ・・・・・・よくある。   ホッチキスの針がなくなる・・・・・・滅多にない。       今回は   用紙切れである。       前々回の時に購入したのだから   まあ、無くなって仕方あるまい。       という訳で   役者の分の本文印刷は終わったのだが   スタッフ分と1枚だけ表紙印刷が終わらなかった。       明日の午前中に買い出しに走ります。       作り直したけど・・・・・・   表紙にも使えなかった。   よく考えてみれば     横じゃん・・・・・・。     宣伝用として使用します。     使い慣れないパワポなんかで作るからじゃ!        
>> 続きを読む

第48回台本完成 (木, 25 1月 2018)
ボクの中で   これでよし・・・・・・       そう書かれた本などない。       やはり役者が読んで初めて   これでいいか   そうなるんだろうと思う。     でも、とりあえずのものは出さねばならないので   こうして書き上げた段階で   一応の目安にはしている。     次の作品。   久しぶりにページ数が多い。   Ks Companyにしては珍しい43ページ。     1時間越えるかな。   いや、目標が1時間だろう。     ざっと、何度か読み返して   最終的に保存するのだが   これでうまくいくのだろうか・・・・・・       全ては始まってみないと分からないものなのである。       でも、大概うまくいくけどね。   伊達に経験値が高い訳ではないのだから。     こんなものだけは作ってみた(笑)   もう少しちゃんと作ろう・・・・・・。
>> 続きを読む

来月ですが (月, 22 1月 2018)
ブローダーハウス恒例企画公演   「ごぜ唄が聞こえる2018」     ただいま、絶賛!予約受付中!     ご予約はこちらまで   「ごぜ唄が聞こえる2018」   予約ページに飛びます。     今年の段物(祭文松坂)は   僕も好きな「石童丸」。     僕は最初に聞いたごぜ唄が小林ハルさんの「石童丸」でした。   それだけに原点となった演目です。     公演は、2月23日(金) 14時 19時           24日(土) 14時     3回公演です。   上演時間は、約90分。   出演は、萱森直子さん。   新潟在住で、ごぜ唄指導もなさっている   小林ハルさん、最後のお弟子さん。   長岡、高田のごぜ唄を習ったそうで   ブローダーハウスでも   高田版「山椒大夫」を披露されたこともあります。       また近くなりましたら   お知らせ致します。     年末に録音し直した   音声ガイドはこちらから聞けます。   音声ガイド    
>> 続きを読む

第47回発表会 ご来場誠にありがとうございました。 (月, 22 1月 2018)
第47回「煙草の害について・プロポーズ」   ご来場いただきました皆様   応援いただきました皆様   誠にありがとうございました。     何とか無事に終了致しました。     当日は、3歳位の女ん子からお婆ちゃんまで   幅広い年齢層の方々にお出でいただきました。       コメディだったのですが   あまりにも素でぶつかった場面が多かったので   嫌な思いをさせてしまった方々もいらっしゃったようです。   全てのお客様を満足させることは出来ないのが   演劇という作品なんだろうと思ってはおりますが   いやはや、そこを目指したい。   でも、やはり難しい。   小さな男の子には不評だったようですが   女の子が最後まで見ていたのは   少しびっくりしました。   今回は、どちらかと言えば   大人向けの作品でしたから。     やはり子供の感性は   凄いんだなあ。   面白いところでは笑い   嫌な場面は目をつむり   男女が抱き合うと恥ずかしがり   自分の感情をそのまま出せるって   凄いことですね。     本当に子供って凄い。         今回は2週連続での本番となりました。   元々、敬老会の話が先にあったので   この作品にしてみたのですが   わざわざ発表会にするまでもなかったのかなあ・・・・・・   でも、せっかくここまで稽古してきた作品ですからね。   その成果は、皆様に見ていただきたい。   作品の内容等は、賛否両論あってしかるべきですが   「あの子うまくなったね」とか言っていただける事が   一番嬉しいですね。   「今回は全員ダメだった」とか言われないように   日々精進しないと。   この所レギュラーで来ていただけるお客様もかなり増えてまいりました。   元々、客席が20席足らずしか組めない場所で   発表会をやっておりますので   10名弱のレギュラーの方々というのは   本当に有り難いことですし   その方々が色々とアドバイスやら感想を言っていただけるので   本人たちにも励みになっていると思います。   本当にありがとうございます。     さて、次回の話ですが   まだ一言も文字になっておりません。   これから、台本を作るのですが   子供も大人も楽しめる内容に出来るよう   自分なりに考えて文字に起こしたいと思います。   次回が48回目の発表会。   夏は風物詩の「怪談レストラン」。   そして、年末には50回目の発表会へと1段1段確実に歩んで行きたいと思っております。   この辺りで、新しい仲間でも増えると良いんですけどね。   なかなか難しいものです・・・・・・。       そうそう、昨日ライブ配信してみたのですが・・・・・・   スマホ端末の加熱が原因で   16分足らずのライブ配信となってしまいました。   これもこれから色々と試行錯誤しながら   林と進めていこうということになりました。   昨日、ライブ配信を楽しみしていらっしゃった皆様   大変申し訳ありませんでした。     と、何だか沢山の初物と格闘しつつ   少し成長したような気がするKs Companyです。   これからも精進してまいりたいと思いますので   応援よろしくお願いいたします。    
>> 続きを読む

第47回発表会 本番日 (日, 21 1月 2018)
いいお天気ですね。   おはようございます。   昨日、仕込みも終え   いつもの会議室が   見慣れた劇場へと変貌致しました。     普段はこんな感じです。   仕込み後です。     照明や音響が仕込み終わったのが   19時ちょっと前。   その後、照明を決めてから   簡単な場当たりと転換稽古。     先週は、緞帳がありましたので   特に転換することはなかったのですが   今回は、作品ごとに転換します。     場所を決めて   蓄光テープを張り、準備オッケー。   いつものことですが   ほぼいつも稽古している時間で   転換できるというのは   非凡な才能なのかもしれません。     30分位休憩を挟んでから     とりあえず、最終確認の通し稽古。   うん、芝居もやっと仕上がってきた感じです。   まだまだ、やりたい部分はありますが   こちらは、次回へ持越しです。     今日は10時30分からゲネプロ。     そして、13時より本番になります。     いつも地方で応援してくださっている方々にも   お楽しみいただけるよう   ライブ配信もする予定です。     Ks CompanyのFacebookのページで配信します。   Ks Company、Facebook      ただ何分にも初めてのことなので   うまくいくかは分かりませんが   本番の時間、ライブでお送り致します。   3分前くらいから始めますので   よろしくお願い致します。     そして、いつものように   足をお運びいただける方々   心よりお待ち申しあげます。     もうすぐ出発しなきゃ(汗)       昨日の舞台稽古より    
>> 続きを読む

この作品最後の稽古です (金, 19 1月 2018)
発表会を日曜日に控え   この作品の最後の稽古が近づいてきました。   今日は2回通す予定です。     その後、すぐにブローダーハウスへ   照明機材を取りに行きます。     で、明日の昼から   倉庫から道具類を引っ張り出し   午後より仕込みに入ります。     明かり合わせしてから   通せるかなあ。     日曜日に午前中ゲネプロ   13時より本番になります。     という訳で   これより先   ブログは更新できそうもないので   稽古前に更新しておきました。     もし、お時間が取れるようでしたら   日曜日のお越しを   心よりお待ち申し上げます。    
>> 続きを読む

Copyright © 2001 Ks Company All Rights Reserved.